松匠創美で新築して頂いたクライアントが
嬉しいことに愛犬を連れて遊びに来てくれました。

まずは、しっぽをブンブン振り回して玄関でご挨拶。
足を拭いて、事務所に上がってから、1階を駆け回りました。
(オフィスの床や階段は、ワンちゃんが歩きやすい用にと
無垢のヒノキとスギで仕上げています。)

2階にも興味あるけど、1人では階段が怖いみたい。
そこで久保と一緒に階段の練習をしました。

(動画から切り抜いた荒い画像で申し訳ありません。)

2階にも行けるようになったら、
2階でもご機嫌で駆け回りました。
吹抜から聞こえるママのことが気になるみたで、
でもちょっと、吹抜は怖いのかな?


棟梁にも知らせたら、急いで帰って来て
みんなで、囲んで撫でまわしました。

また遊びに来てくださいね。

松匠創美の「素材選び」はコチラでご案内しています。
松匠創美の住まいの「考え方」はコチラでご案内しています。

久しぶりのブログ更新になりました。

昨年は、とりとめのないブログにお付き合い下さり、

ありがとうございました。

今年は春頃にサイトのリニューアルを終え

新サイトのお披露目ができますよう現在改編作業中です。

暫くの間、ブログをお休みすることになりますが、

新サイトが完成しましたら、お知らせしたいと思います。

その際は、またお越し頂けますと幸いです。

IMG_2408

さて、本日はこの場をおかりして

皆様にご報告させていただきたいことがございます。

このブログに度々登場しておりました

愛犬、空(クウ)が、

昨年末の12月22日から23日へと日付が変わる頃、

虹の橋へと旅立って行きました。

IMG_3042

昨年9月頃より体調が優れず、病院へと行って居りましたが、

末期の肺ガンであることが判明したのは10月末のことでした。

DSC_3170

既に手の施しようはなく、見守ることしかできない状況で、

残された時間を如何に過ごすか...

DSC_3163

とは言え、いつも、いつも忙しいを言い訳に

空には多くの我慢を強いてきましたが、

そこは変えられる訳もなく、いつもの日常が続きます。

IMG_0084

通勤途中で寄り道したいとアピールするも

「お仕事!みんな待っているよ!」と言うと

「そうだった!」と素直にスタスタと事務所へと向かう

よくできた犬でした。

IMG_2605

ただ、2、3回「どーしてもこのまま散歩に行きます!」

と出社拒否をしたこともありましたが、

飼い主にとってはそんな姿が愛らしく、今も思い返されます。

IMG_5209

おかげ様でとても無理といわれた10歳の誕生日を

12月7日には迎えることもできました。

生まれて初めての生クリームのお誕生日ケーキに

思わずそのままかぶりついた空之介です。

IMG_4907

空之介のマドンナ、大好きだったハナちゃんが

会いに来てくれて、大興奮。

これまで嗅がせてもらえなかった

ハナちゃんの匂いを嗅ぐことが出来て、

本当に幸せなひと時だったのではないでしょうか。

ありがとうハナちゃん。

IMG_5279

そして最期は少しだけいつもより多くの時間を

空のからだをマッサージしたりしながら、

一緒に過ごすことが出来ました。

IMG_4896

それもこれも多くの方々の励ましと

協力があってのことと、心より感謝いたしております。

IMG_2154

最後になりましたが、

これまで空のことを愛して下さった皆様へ、

この場をお借りして、心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

4月の初め頃、

千葉家の愛犬チョビの体調が思わしくない事

お伝えしておりましたが、

おかげ様でその後奇跡的に回復し、

このまま、元気になってくれるのではと期待されたのですが、

ゴールデンウィークが始まってすぐ、

家族みんなに見守られ空へと旅立って行きました。

DSC_1915

旅立ちに際しましては、

カレンダーに書かれた家族のスケジュールを確認し、

連休中に唯一7人の家族が全員揃う日を選んだそうです。

DSC_1887

元気な頃は毎日、庭でお留守番をしていたチョビ、

時折脱走をしては、近所の方々にお世話になっていました。

1525092206165

そんなある日、脱走をして交通事故にあってしまった時も

倒れているところを発見してもらい、

無事、元気に回復することが出来ました。

1525092498313

体調を崩してからは、お家の中でお留守番でしたが、

最後はいつもお世話になっていたご近所の方々に

見送られ骨を拾ってもらったそうです。

DSC_1921

チョビの回復を願って下さった皆様に

ご報告が遅くなってしまいましたが、

お父さん、お母さんに沢山の愛情を注がれ、

子供たちに可愛がられ、

幸せ一杯の犬生だったことと思います。

これまで応援をいただき、ありがとうございました。