葉山で、以前ウッドデッキ工事をさせて頂いた方のご紹介で
ご近所さんのウッドデッキを造らせて頂きました。

ウッドデッキの床下を収納として使う為
床材が外せるように造らせて頂きました。
スペースの有効利用になりました。

昨日に引き続き、今日は、桜の頃に完成を致しました

『まちを一望できる家』をご紹介いたします。

21

キッチンとダイニングそれぞれのつながるコーナーは、

デスクコーナーと家事コーナーになります。

19

デスクコーナーは、お子さんたちの様子を

家事をしながら見守ることが出来るようにこの位置に設けました。

ふたりのお子さんとご主人も一緒に並んで座れます。

18

扉を全て閉めると個室にもなり、目隠しすることも出来ます。

また、3枚の扉は1枚に重ねることも可能ですので、

重ねて中央に寄せたり、逆に中央の扉だけ開けたりと

用途に合わせて、緩やかにつながる空間にすることも可能です。

13_03_25_hayama_L31

家事コーナーには、奥様用のカウンターがあります。

この位置ですと、リビングやダイニングからは死角になりますので、

何かと忙しい主婦にとっては、

作業を中断出来ると言う事は必要なことだと思います。

『まちを一望できる家』では、

家での過ごし方をかなりイメージをしていただきました。

結果、収納はその空間を使用するときにその場所で必要なものが

すぐそこにあるように計画をすることが出来たような気がします。

『まちを一望できる家』のご紹介は今回で終了になります。

ありがとうございました。

* * *

建てた家『まちを一望できる家』-5

建てた家『まちを一望できる家』-4

建てた家『まちを一望できる家』-3

建てた家『まちを一望できる家』-2

建てた家『まちを一望できる家』-1

今日から8月ということで、既に4ヶ月経っていますが、

今年、桜の咲く頃に完成を致しました

『まちを一望できる家』のご紹介の続きです。

13_03_25_hayama_L18

前回ご紹介をいたしましたダイニングスペースにつづいて

キッチンは、シンクのあるアイランドカウンターと

コンロのある長いウォールキャビネットのⅡ型です。

22

天井は高く、広々とした空間です。

カウンタートップはどちらもお手入れがしやすく衛生的な

ステンレスのヘアライン仕上。

23

今回もお手持ちのキッチン家電はお宅訪問をさせて頂き、

採寸をいたしました。さらにキッチンで使用するお鍋や道具類は、

奥様自ら採寸して下さいましたので、

シンク下のオープン棚はよく使用するお鍋用、

その下はゴミ用ワゴンなどなど、かなり具体的に

キャビネットの計画を致しました。

24

収納は、使われる方に合ったスタイルにしないと、

「スペースはあるけど片付かない・・・」

と言うことになってしまいますので、そこが難しいところです。

25

キッチンからリビングの方を見るとこんな感じです。

細長い空間なのですが、

階段室とロフトがアクセントになっています。

次回は、2つのつながるコーナーをご紹介いたします。

* * *

建てた家『まちを一望できる家』-4

建てた家『まちを一望できる家』-3

建てた家『まちを一望できる家』-2

建てた家『まちを一望できる家』-1