先日、棟梁松田とスタッフの3人で「みんながつながる吹抜のある家」の10年点検に行ってきました。
基礎、外壁、屋根や床下など、各所を点検し、設備機器や建具の不具合など確認をしました。
特に問題となる点はなく、その場でできる調整と、今後のメンテナンスについてご説明させて頂きました。
また、フローリングも味わい深くなっていて、
細かいお手入れすることもなく楽に過ごしてこられたとのことでした。

ご家族のこと、お仕事のこと、趣味のことなど、10年の間のことを色々お話しできて良かったです。

今日は、2015年9月に完成をしました

『乗務員室のある家』完成写真、8回目のご紹介になります。

takafunedai_w_27a

既にご紹介をさせていただきました乗務員室の入口のある

2階ホールには、吹き抜けを設け、

その上部に取付けられたシーリングファンによって、

1階と2階の空気を上下に動かします。

takafunedai_w_07

更に2階の各部屋は、ロフトを介して

トイレを除く全ての空間がつながっているため、

建物全体の空気がすべて緩やかにつながる計画です。

takafunedai_w_54

吹き抜けから1階を見下ろしますと棚が見えます。

それでは、1階へ降りて棚のご紹介をいたします。

takafunedai_w_53

先程の棚は、列車の網棚を復元したものです。

古い列車の棚受金物をお持ちだったクライアントさんと

鉄道博物館で実際にその金物がどの様に使用されていたのか

実物を見て、恐らくこんな感じだったのではと

復元してみたものです。

takafunedai_w_48

古い鉄道の雰囲気を目指して、上げ下げ窓を設け、

壁に木の装飾して、着色もしてみました。

2015-10-17 19.30.57

実際に使用されていたコレクションのボックスシート

と、それを真似て製作させて頂いたボックス席を置くと

随分と雰囲気が出てきます。

IMG_0083

建物は、シンプルな外観をしていますが、

木製のフェンスは、線路との境に設けられている

コンクリート製の鉄道柵をイメージしたデザインです。

2016-02-03 13.32.49

駐車場の屋根も古い木製の鉄道駅舎の屋根を模した

デザインになっています。

2015-10-09 13.59.03

8回に渡りご紹介をして参りました

『乗務員室のある家』は、建物としての基本性能、

耐震性、断熱性、耐久性などを担保しつつも

随所に鉄道マニアのご主人のこだわりが散りばめられた、

特徴的な建物になりました。

これから末永く愛される家であって欲しいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今日は、2015年9月に完成をしました

『乗務員室のある家』完成写真、7回目のご紹介になります。

takafunedai_w_01

まずは以前ご紹介をしました主寝室の

角を落としRにした壁の裏側、こちらがトイレになります。

takafunedai_w_11

主寝室や2階ホールより1段上がったところにあります。

takafunedai_w_10

内部は角が欠けていますが、最近では便器が以前に比べ

コンパクトになっていますので、十分な広さです。

takafunedai_w_21

トイレの入口の1段はロフトへの階段の1段目になっています。

takafunedai_w_20

ロフトへの階段は、5段廻りです。

takafunedai_w_29

ストリップでない階段がご希望でしたので、

裏側は階段なりの段々に仕上がっています。

takafunedai_w_16

前回ご紹介をしましたご主人の部屋の写真は、

こちらのロフトから撮らせていただいたものです。

takafunedai_w_13

ロフトには、手すりを兼ねた長いカウンターがあります。

この長いカウンターに将来的は、

鉄道のジオラマが展開するのではと思っています。

IMG_0091

その時が楽しみです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。