【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。

松匠創美の家づくり

Contents一覧

住まいの性能


日常生活を送る場がここちよいことで、「この感じ、とても幸せ」と実感することがあります。そこで、日常生活の場をここちよい空間にするために、次の3つの点を大切に家づくりをしています。
●出来るだけ、四季を通じて自然と親しく暮らしたい。
●家の中が寒いのはイヤ、冬もここちよく暮らしたい。
●カビや化学物質などでアレルギーが出ないよう、新鮮な空気の中で暮らしたい。

実際にこれらを考慮して建てた家に住んでみると、改めて住まいの違いによって、健康的な生活を送ることができるのかということを、実感していただけると思います。
もちろん、同じような家を建てたからといって、誰でも同じとは限りませんが、オフィス兼モデルハウスにお越しいただいたお客さまが「長い時間の打ち合わせでも、不思議と疲れないですね」。とお話しされますので、人が体のどこかで敏感に感じるものがあるのではないかと考えています。

そこで、具体的な仕様について下記の3つをご紹介いたします。

自然の流れを利用して【室内温度調節性能】暑さ寒さをシャットダウン【断熱性能】床下や壁の中も気持ちよく【湿気・結露対策】


室内温熱環境性能

住み心地がよいと感じる家とは、四季を通して、どの季節も快適に過ごせることです。
そのためには、できるだけ自然の力を利用して、家の中に自然の空気の流れをつくり出すことが効果的です。それは、省エネを考えることにもつながります。
夏は涼しい空気を取り入れ、暑くなった空気は外へ出す。冬は温まった空気を循環させるとともに、適度に換気をすることで、夏も冬も図のような快適な暮らしができるようになります。

このような快適な暮らしのために、私たちの3つの提案をご紹介いたします。


小さくてもいいので吹抜を設ける(煙突効果)

家には小さくてもいいので吹抜を設けます。各部屋をつながりやすい配置におき、この吹抜を“煙突”のように利用して、空気の流れを作りだします。
なぜ“煙突”なのか?
それは空気の自然な流れは横方向よりも、上下方向の方が温度差によって作りやすいからです。暖かい空気が上にあがり、冷たい空気が下にさがるという自然の仕組みを利用しています。


風向きを考慮して窓を設ける

窓は外とつながる大切な部分です。室内からの景色やお隣の窓の見え方も大切ですが、その土地の風の流れも忘れてはなりません。夏には熱い南側の風ではなく、涼しい北側などの風を取り込み、冬には太陽の温かい日差しを取り入れつつ、なるべく閉じる窓の配置を心がける事が大切です。

 また、天窓は吹抜と併用すると、夏は吹抜を通り天窓へと風が抜けるのを肌で感じることができますし、換気能力も高いのでカビなどの発生を抑えます。注意が必要なのは、真夏の強い太陽を取り込んでしまう方位につけないこと。その点に気をつけると、曇りの日でも、壁に設けられた窓から入る3倍の明るい陽差しを室内にもたらせてくれる嬉しい存在になります。


冬の寒さには床暖房を設ける

冬、足元が暖かいことはしあわせです。
寒い日にオフィス兼モデルハウスを訪れる方は、第一声「床暖房ですか?きもちいいですね」。とおっしゃいます。そのためか、松匠創美のお客さまは床暖房を設置される方が多くなっています。強くお勧めしているわけではないのですが、お客さまが打ち合わせ時に、体感されるここちよさからではないかと思っています。

床暖房を吹抜と合わせて計画すると、温められた空気が家全体に広がり、各部屋によって急激な温度変化が起きないため、心臓に負担のかかるヒートショック現象の心配もなくなります。また、小さなお子さまがいらっしゃるお宅では、暖房機器が露出していませんので安全ですし、電気やガスのコード等を気にすることもなく、冬の温かい空間で安心して過ごすことができ、多くの方からご満足いただいています。

▲このページの先頭へ
断熱性能

断熱性能は目には見えませんが、住み心地の上で大きな差が出てきます。なぜなら、日本の多くの地域では高温多湿な暑い夏と、乾燥した寒い冬があり、それを快適に乗り切るためには、室内外の温度や湿度の差を、コントロールする必要があるからです。
そのためには大切なポイントが三つあります。

最近の断熱材は、天然のウールを使った呼吸するものや、セルローズファイバー、ポリエチレン系の環境負荷の少ないものがあり、開口部には、北欧の長い歴史の中で培った木製サッシメーカーのものや、国内の断熱性能に優れたアルミサッシメーカーのものが少しずつ出てきていますので、お住まいの地域にあった性能で、それぞれ選ぶことができます。
下記に主なものをご紹介します。

ウールブレス: 職人にもやさしい羊毛から生まれた断熱材
セルローズファイバー: 新聞古紙が主原料の断熱材
サニーライト: 燃焼しても有毒ガスが出ないポリエチレン系断熱材
エリートフェンスター: 木製三層ガラスの北欧の窓
(180°回転式、室内から安全に窓拭きや塗装が可能で維持管理が容易)
ベルックス: 天窓専門メーカーで世界一の老舗、サポート体制も万全
断熱アルミサッシ: 国産でバラエティー豊かな商品数
▲このページの先頭へ
湿気・結露対策

日常生活の中では多くの湿気が発生します。人の呼吸、お湯を沸かしたり、時には洗濯物を干したり。木の家の場合、窓を開けて換気をするだけでなく、柱や梁が湿気を吸収、調湿する手助けをしてくれ、ここち良く暮らせるようになります。
しかし、壁内に入った湿気の場合は、換気をしなければ湿気がそこに留まり、材料にカビを発生させる原因になってしまいます。壁内に入った湿気を外へ出すために、各部位に合った通気工法を取り入れています。

※右の図はクリックで拡大します。

基礎パッキン工法

住まいの床下は日常生活では、全く見えることの無い部分です。この床下が乾燥しているということが、日々の生活ではもちろん、家を住み継ぐためにはとても大切です。床下が湿っていると、腐朽菌(ふきゅうきん)やシロアリが発生しやすくなります。それを防ぐために換気が必要となるのですが、従来型の基礎に床下換気口をあける方法では空気が隅々まで流れず、淀んでしまう部分が出やすいことがわかってきました。また、基礎部分に開口するため、基礎自体の耐力低下があると考えられるようになり、新しい工法として登場してきたのが基礎パッキン工法です。
この基礎パッキン工法では、全ての基礎と土台の間にパッキンを挟むことで、まんべんなく隙間をつくり、均等な換気が可能となり床下を乾燥した状態に保ちやすくなりました。


外壁通気層工法

壁の中が湿気によって結露をしないために、外壁の構造体と仕上材の間に空気層をつくります。空気層の中の空気は、昼間の温度の上昇により外壁下部の入口から上部の出口に向かって上向きの気流が生まれ、壁内(構造体、断熱材)の湿気を吸出し、外気へ排出する働きをしてくれます。


屋根棟換気工法

外壁同様、屋根も構造体と仕上材の間に空気層をつくり、屋根面の温度上昇を利用して通気をします。屋根面の場合は軒先に入口、最上部の棟に出口を設けます。
この空気層は、夏の暑い太陽で熱せられた屋根下の暑い空気を排出することもでき、室内の温度上昇を少なくするという、もう一つの大きな効果もあります。


人によってここちよさには違いがあります。
お客さまのご家族にとって、どんな暮らしがここちよいのか?ご一緒にじっくり考え、実現していきたいと考えています。


次は、松匠創美の建てる家に使われているおすすめの材料をご紹介します。
気持ちよさを作りだす素材のご紹介【良質な素材】

考え方丈夫な構造住まいの性能良質な素材お金の話家づくりの流れ